DR-Z400SMバッテリー上がり~その5

レギュレータ・レクチファイヤの出力コネクタが外れたので,電圧を見てみます.なんとアイドリング状態で約2Vくらいしかありません.この状態で,オルタネーターの各相間電圧を確認してみます.端子側にテスターを当てると端子が開いてしまい,接触不良が起こる可能性があります.ということでケーブル側からテスターを当てます.電圧は,3.3V-2.5V-3.6Vというように全然出ていません.

レギュレータ・レクチファイヤを外して電圧を確認すると,約26V-27V-8.6Vと,1相だけ電圧が低いです.エンジンを止めて,各相が断線していないか改めて確認です.抵抗値は,0.3Ω-0.4Ω-0.3Ωと,断線はしていないようです.

フレームと各端子の導通を確認してみるとほぼゼロΩで,内部でグランドと短絡しているようです.オルタネーターとフレームグランドとの間は絶縁されていなければなりません.

オルタネーターとフレームグランドが短絡,レギュレータ・レクチファイヤ出力のグランド側に過電流が流れて端子が溶着,という故障の流れでしょうか.

カバーを開けて,オルタネーターの確認が必要なようです.