開発環境インストール

ちょっと時間があるので、Javaでも勉強しようと日経ソフトウェアのバックナンバーを調べた。

2009.01号にJava関連の特集があった。Javaで使う統合開発環境のEclipseというのは無料で使用できるらしい。
英語版をEcripse FoundationのWebサイトからダウンロードする。
いろいろあるけれども、特集によれば「Eclipse IDE for Java Developers」でよろしいとのこと。

日本語化には「Eclipse Ganymede(3.4.1)日本語化パック(サードパーティ版)」を適用するらしい。
この言語パックのzipをWebサイトからダウンロードして解凍すると「features」と「plugin」の2つのフォルダができるので、これを英語版のほうに上書きする。
ダウンロードするのは”NLpackja-eclipse-java-ganymede-SR1-blancofw.zip”

これで統合開発環境のインストールは完了。

続きはまた今度。

幸福と科学

昨日、バイクをちょっと走らせた。コーヒーとトイレのため、ある駐車場で休憩していると、メガネをかけた40~50代の生え際が若干後退したおじさんが近寄ってきた。「すいません。今この本を無料でお配りしているんですけど。」と、本と冊子をこちらに見せた。ああ、例の団体の代表が書いた本である。「無料ですので。ぜひ若い人にこそ読んでもらいたいんです。」とおじさん。家にいるなら、「興味ないです。」とドアを閉めるところだが、ここはオープンスペース。おじさんの淀みのない瞳に押されて、「ああ、はい。」と受け取ってしまった。
家に帰ってパラパラ見てみると、ありがたいお言葉がたくさん書いてあった。1800円もするみたいだが、高いのか安いのか。
おじさんに幸あれ。